COKULASプロジェクト
COKULASショールーム
会社概要

コンセプト

エコラでは、中古住宅流通の活性化と環境改善の取組の一つとして、工事検査事業を行っています。住宅の売買の前に住宅診断(インスペクション)を行うことで、建物のコンディションを把握し、費用面・保証面で安心して取引を行うことができます。また、住宅診断を行う事で瑕疵保険に加入することができ、税制待遇や住宅ローンでの優遇などを受ける事が出来ます。

サービス概要1

ホームインスペクション(住宅診断)

住宅診断(ホームインスペクション)とは、エコラは、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が、住宅の劣化状況、次陥の有無、改修すべき箇所やその時期などおおよその費用などをチェックします。

診断内容(一例)

  • 外周りの状態

    住宅の屋外に面する基礎・外壁・屋根・軒裏などに、ひび割れや腐食、チョーキング(日光や雨風により壁の塗料が劣化し、チョークのような粉状になること)などがないか、見た目や手触りなどでチェックします。
  • 屋内の状態

    部屋の中に柱や壁、床・天井などに傾斜がないか、カビや水シミ・はがれなどの欠損がないかを、特徴な検査器具を用いてチェックします。
  • 床下の状態

    畳や床下収納などの下を覗き込んで、床下の状態を検査します。土台や床材そのものの強度はもちろん、接合部分に浮きや腐食がないかを目視し、白アリに浸食されていないか、などが主なチェック項目です。
  • 小屋裏・天井裏の状態

    住宅の基礎となる大切な梁や小屋組みなどの状態をチェック。特に雨漏りや虫食いがないかなど、中古物件ならではの心配な箇所をくまなく検査します。
  • 設備の状態

    キッチン・お風呂・洗面台などの給排水まわりや換気扇などは住む前に新品へ交換する必要があるかどうかなどを検査します。見た目には分からない、給排水管内部の老朽化の状態などを確認します。
  • ※インスペクション費用の目安6万円~15万円
    (診断内容によって異なります。詳しくはお問い合わせください。)

サービス概要2

安心して住むための仕組み「既存住宅売買瑕疵保険」

「瑕疵保険(かしほけん)」というと、聞きなれない方も多いかもしれませんが、実は住宅購入し、長く安心して住むためにとても大切な保険の1つのことです。万が一、購入した住宅に瑕疵(かし:不具合のこと)があった場合、当然住宅を建ててくれたハウスメーカーや施工業者に補償を求め、修繕を依頼することになると思います。ところが、もしも建ててくれた会社が倒産してしまったら・・・そんな不測の事態に備えておくと安心なのが「売買瑕疵保険」です。
あまり聞きなれない瑕疵保険ですが、実は販売されている新築住宅には全て、最長10年の瑕疵保険がかけられています。それは住宅瑕疵担保履行法という法律により、売主(新築の場合はハウスメーカーや不動産さん)側に、保険に加入することが義務付けられているため、買う方は安心して住宅を購入することができます。

中古住宅にも瑕疵保険を

しかし、中古物件の場合、特に売り主が個人の方だったりすると、瑕疵保険がかけられないまま売買契約まで至るケースが多いのです。これは中古住宅には瑕疵保険加入の義務はなく、売り主と買主の任意になっているためですが、このことをご存じない方も多いのではないでしょうか。しかしながら、車で言えば、新車だろうと中古車だろうと自動車保険に入るのがセオリー。せっかくリフォームやリノベーションを施して住まう大切な住まいですから、万が一に備え、ぜひ購入前に加入の手続きを。
しかも、瑕疵保険に加入することで、住宅ローン控除が受けられるなど、お得な制度も整いつつあります。

保険加入手続きの流れ


エコラでは瑕疵保険加入のための検査業務を行っています。

    〒980-0821
    宮城県仙台市青葉区春日町9番15号
    チュリス春日町3階
    TEL. 022-395-4131
    FAX. 022-395-4132

    2015 © ecola.
株式会社エコラ
〒980-0821
宮城県仙台市青葉区春日町9番15号
チュリス春日町3階
TEL 022-395-4131
FAX 022-395-4132
▶ プライバシーポリシー
2015 © ecola.